BLOG

ブログ

どーも、ゆー。です。

みなさん人に教えてもらうってどう思ってますか?

人によっては恥ずかしいことかもしれません。

少なくとも僕は恥ずかしいことだと思ってました。

カメラも今でも師匠はいませんが、独学で学ぶってカッコイイって思ってました。

今になって思うと阿呆らしいって思いますが(笑)

今回はなぜ人に教えてもらうことが素晴らしいのかを書いていきますね。

僕は2019年現在カメラ講座を50回以上、教えた生徒さんは80名を超えました。

その中で一人僕の講座を1年間受けてくれていた生徒さんがいたんです。

その方の写真は1年間で最初の頃と比にならないくらい上手くなりました。

そこでふと思ったんです。

「僕はカメラ始めて6年になるけどカメラ始めて1年でここまで上手くなったっけ?いやなってない。。」

そこで

「教えてもらうってすげえ!!」

となったんです。

僕が3年くらいかけて培ってきたものがそれを半分以上の時間で習得できるんだからそれはすごいはずです。

その方が素直だったからというのもあります。

教える側も人間です。

言われたことを二つ返事でやってくれる人と

言われたことをいちゃもんつけてなかなかやらない人

どっちに教えたい!ってなりますか?

完全に前者ですよね。

なので学ぶ姿勢ってすごく大事なんです。

僕はそれからカメラのこと、経営のことは人から学ぶことにしました。

その方が絶対時間を無駄にしないからです。

現在その方はプロのカメラマンになるためのセッションに内容を変更して受講していただいてます。

・人から習うことの大切さ

・学ぶ姿勢

この二つを意識して是非お仕事を飛躍していただきたいです。

1年間講座を受けてくれたえりさんのInstagram(良かったら最初の頃と見比べてみてね)↓

 

ゆー。でした!

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA