BLOG

ブログ

どーも、ゆー。です。

みなさんお仕事いかがですか?

成功ってどういうことだと思いますか?

最近はコンサルを受けてた側だったんですが、自分でもコンサルをするようになりました。

そんな中で師匠から言われた言葉がずっと自分の中に残っているものがあります。

 

「知ってる」「わかってる」という思いを捨てる

どういうことかというと

人間どうしても今まで勉強したことやすでに知ってることに対して

「あぁそれね、知ってる知ってるこういうことでしょ?」

と、言葉にしないまでも態度に出てしまうことがあります。

そりゃ知ってることですからね。当然と言えば当然です。

でも僕もありがたいことにすごい経営者の方と関わらせてもらって思うのは

「どんな話にも初めて聞くかのように聞いてくれる」ということです。

絶対たくさんの人を見てきただろうし、耳にタコができるくらい同じような話を聞いてきた人たちです。

でもすごく頷いて、そしてちゃんとこちらに興味を示して聞いてくれるんです。

どんな人からも学びを得ようとする、その姿勢がすごいんです。

 

知らないことに対して知らないと言える勇気

最近ある女性経営者の方からこんな依頼をもらいました。

「カメラの選び方がわからないから教えて欲しい」

そのかたは長崎と福岡と東京に家を持っていて、サロンを何店舗か経営していて海外旅行にしょっちゅう行ってるような人です。

まだまだ僕には到底及ばない領域の方ですが

僕の話すカメラのことには斜めに構えることもなく熱心に聞いてくれます。

こういった学ぶ姿勢ってすごく重要です。

どんな人でも自分のことを見てます。

「そんなことくらい知ってるよ」って態度取られるとその人に教えたいってならないんですよね。

なので人の態度を見て自分も襟を正す、そういった事を忘れずに日々を過ごさねばですね。

 

メンターなんていない

スピリチュアルな世界ではよくメンターという言葉が出てきます。

メンターっていわゆる「運命の人」というイメージですが

実はメンターってそれにとらわれると抜け出せなくなってしまいます。

だって運命の人に出会わなければ成功できないってことになっちゃうから。

僕は「出会う人全てがメンター」だと思ってます。

どんな人でも学びがあります。

「なんだこの人。。」って思うような人でもそこから学ぶ姿勢、知らないことを知ってるかもしれない

それがめちゃくちゃ大事だからです。

実際自分に置き換えてもわかりますが

僕もカメラの知識が人よりちょっとあるだけで、他はからっきしです。

本当に他は人に教えてもらったり、助けてもらわないと何もできないんです。

目の前の人から何を学ぶか

それがあなたの夢を実現する一歩だと思ってください。

 

ゆー。でした!

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA