オールドレンズ『PENTAX Takumer SMC 1.4/50』プロの徹底レビュー

約 1 分
オールドレンズ『PENTAX Takumer SMC 1.4/50』プロの徹底レビュー

どーも、旅するフォトグラファーゆー。です。

オールドレンズに興味は持っているけど結局どのレンズにしたら良いか迷ってる。。
そもそも種類が多くてよく分からない。。って思ってませんか?

僕も最初オールドレンズを購入する際、どのレンズにしたら良いか全然わかりませんでした。と言うか普通のレンズと何が違うの?ってレベルでした(笑)

そんな中「PENTAX Takumer SMC 1.4/50」を購入し、どハマりました。

このレンズの特徴は

  • 他のオールドレンズに比べ安い!
  • 明るくて初心者でも扱い易い!

というところです!

この記事では

「とりあえずこれ買っとけば間違いないというレンズを知りたい!」

という方のためにおすすめの「PENTAX Takumer SMC f1.4/50mm」について作例や解説をまとめてみました!

このレンズを知らなければ、きっといまだにどのレンズにしようか迷っていたかもしれません。

そうならないためにも是非僕のおすすめする「PENTAX Takumer SMC f1.4/50mm」の作例を参考にしてみてください!

PENTAX Takumer SMC 1.4/50ってどんなレンズ?

PENTAXは皆さんも耳にしたことがあると思います。

そのPENTAX社が出していた、タクマーレンズシリーズの一つ。名前の由来は創業者の弟で写真家の梶原琢磨からとったのではと言われています。

PENTAX Takumer SMC 1.4/50の作例一覧

室内の逆光で光が入ってくる場所だと写真のように柔らかい雰囲気の写真が撮れます。

標準レンズのように目の前まで寄れる訳ではありませんがピントが合うと非常にメリハリのある写真に仕上がります。


木漏れ日の中で撮りました。

背景に沢山の光源がある場合ぐるぐる回っているようなボケを演出してくれます。

PENTAX Takumer SMC 1.4/50のゴーストです。

手前にあるオレンジの輪っかがこのレンズのゴーストで、他のレンズとはまた違った色味を出してくれます。

逆光で撮るとすごく良いです。。。

夕日に向かって撮るこの質感を感じてもらいたい。。

料理を撮るとこんな感じ。

F値を1.4の一番明るい設定をすると、最初はピントを合わせるのに手一杯ですが慣れてきて自分の伝えたいものが写真で表現できるようになるとこのレンズは非常に楽しいです!

カフェの中を撮りました。

オールドレンズで撮る醍醐味はデジタル一眼でもフィルム風の写真が撮れる所にあります。

少し懐かしい雰囲気の場所は特に映えるかと思います。

小物の写真を撮りました。

明るい設定にすると全体的な色味が淡くなっていきます。

光の加減にもよるんですが影のない場所で撮るとこういった雰囲気になるようです。

夕刻のシルエット写真、全体的にぼんやりした感じになりますね。

パリッとした写真は撮れないんですが、少しぼやけた写真が好きな人には良いのではないでしょうか?

まとめ

PENTAX Takumer SMC 1.4/50の写真はいかがでしたか?

  • 値段が安い(1万円もしないくらい)
  • いくつもあるオールドレンズの中でも特に明るい設定ができる
  • ゴーストが顕著に出る
  • 光源(木漏れ日)の多いとろで撮ると背景がグルグルする

実はこの50mmの画角のレンズは人が見ている範囲に近いと言われています。

なので撮れた写真もすっと目に入ってくるのではないでしょうか?

是非そんなPENTAX Takumer SMC 1.4/50を手にとって使われてみてください!

撮影メニューはこちら

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)