BLOG

ブログ

どーも、ゆー。です。

僕はですね、20代前半は本当に仕事ができませんでした。

もう毎日が失敗の嵐です。

最近出会った方はそうなの?とか言われますがまじで社会的にはポンコツの時期だったんでそういう意味では面白いです。

そんな僕の失敗談を今回はつらつらと書いて行きます。

 

めちゃくちゃ怖い先輩から「明日大事なイベントだからぜってぇ遅刻すんなよ」と言われる

もうタイトルからわかりますね。

そのイベント当日の集合時間は朝の7時。

そして僕が起きたのは昼の12時。

もう起きた瞬間何が起きてるのかわからないんですよね。

「あれ?今日休みだっけ?」みたいな(笑)

携帯を見たら当然のごとく先輩から鬼電かかって来てて、もうね色々と終わったって思いましたね。

とりあえず携帯に電話してもう平謝り。

そしてそこから準備して現場に向かうんですがもうイベントも終盤です。

もう現場に着いてもどうしたらいいかわからないし

そうなったらもう先輩に説教される方が楽なんです。

でももう呆れて何も言ってくれない。

期待されないってこんなに辛いのか。。。

とそこで噛みしめました。

そんな男がイベントの主催とかやったりしてるから人生わからんです(笑)

 

酪農のバイト中、牛を野に放つ

これは僕が全国を旅してる時に北海道で住み込みのバイトをしていた時の話です。

いつものように仕事に出て、牛を搾乳室に誘導するために僕は牛舎を回ってたんですが

一通り牛を誘導したあと僕は餌の準備に取り掛かりました。

すると牧場長からの怒声が響きました

「悠!!!!牛が逃げてるぞ!!!!!」

!!!!!!!!!!!!!!????????????????

必ず柵で牛が出ないように施錠しないといけないんですがその時たまたま忘れていたのか

なんと広大な北海道の平野に牛たちが放たれているではありませんか!!!!

もう終わったと思いました。

乳牛の生涯で稼ぐ金額が400〜500万と言われているので

もう僕はこの牧場で一生過ごすんだなと牛を追いかけながら考えてました。

ここまで来ると人間逆に冷静になるもんで

「まあここでの生活も悪くないし、そんなに頑張んなくてもいいか」

とか能天気になる始末。

結果から言うと牧場で一生過ごす事にはならなかったんですが

牛って草食動物なので基本的には単独行動ができないんです。

なので牛舎の外に出ても戻って来る牛がほとんどなんですね。

なので牛舎から全く出ようとしない牛もいるしそこは本当に助かりました。

ただめっちゃ怒られました(そりゃそうだ)

皆さんも牛舎で働くときは気をつけてください(笑)

 

失敗しまくって学んだ事

と、まあここにあげた以外にも死ぬほどあるわけですが

失敗ってその時は本当にシャレにならないかもしれませんが

基本的に時間が経つと笑い話になります。

アンタッチャブルのヤマザキさんが言っていた

「失敗してもこれネタになるなと思うようにしてる」

という言葉が好きで、僕もそう思うようにしてます。

皆さんはどんな失敗してきました?

今は大変でもいつかは笑い話になるので、失敗しまくってもいいと思います!

ゆー。でした!

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA