人に写真の撮り方を教えると何倍も写真が上手くなる3つの理由

約 1 分
人に写真の撮り方を教えると何倍も写真が上手くなる3つの理由

どーも、ゆー。です。

みなさん写真撮ってますか?

みなさんは人に写真の撮り方を教えたことってありますか?

「自分はそこまでのレベルじゃ。。」

という声も聞こえてきそうですが

写真に限ったことではないんですが、人に物事を教えるっていう行為は一番は自分の学びになります。

今回はその理由を書いて行きますね!

1.自分が経験したことを言葉にすることで改めて自分を知ることができる

写真は数を撮ることで経験して学んで行くものですが、それを「教える」となったらそれを言語化する必要があります。

今まで「なんとなく」でやってたこともちゃんと意味を再確認し、それを言葉で伝えなければなりません。

それはかなり大変なことでもありますが、改めて自分の中に落とし込んでいくことでさらに自分のものにできます。

これは例えばスランプになった時などに「なぜこれができるのか」を知っているだけでそれを脱却できる力があります。

2.単純に喜んでもらえる

なかなか日々の生活で人に喜んでもらえるという場面は少ないかもしれません。

しかし、写真がちょっとでも上手く撮れるということで人から感謝されるのです。

現在はそういったちょっとした知識、経験があれば講座を開催することもできます。

ちなみに僕は「ストリートアカデミー」というスキルシェアのサイトに登録しています、こういったサイトを利用して自分の知識を共有することで人に喜んでもらえる上に仕事にすることもできます。

ストリートアカデミーの僕の講師ページ貼っときますので参考にされてください✨↓↓
「インスタ映えをしよう!プロカメラマンが教える一眼カメラ講座」

3.新たな疑問が出てくる

人に教えていると結構突拍子もない質問が投げかけられたりします。

「この設定の意味は?」

「これの撮り方は?」

「このカメラはどう思いますか?」

「このレンズの写りはどんな感じでしょう?」

などなど、自分が改めて学ばないといけないことが山ほど出てきます。

その中で
「自分の意見を言ったことでこの人が偏った知識にならないだろうか?」
と思うこともあるかもしれません。

でも大丈夫です!!
質問してくる人は最初から信頼してない人には聞いてきません。

聞いてきてくれるのは信頼の証!
どんどん自分の持ってる知識を教えていきましょう!

まとめ

いかがでしたか?

これからもし人から「写真の撮り方教えて欲しい」と言われたら臆することなくどんどん教えていきましょう!

きっと自分の成長にも繋がるはずです!

では!

撮影メニューはこちら

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)