BLOG

ブログ

こんにちは、フォトグラファーゆー。です。

今の時代、カメラマンって世の中に溢れててもはや僕が写真を撮る意味はなんだろう?と思ったりします。
そう思いながらも撮影の依頼をいただくのですが、最近は「ゆー。さんの世界観に写りたくて」とおっしゃっていただく方が多くなってきました。 

個人的には自分の好きなように撮って好きなように編集してるって感じなんですが、「家族の写真を」とか「仕事で使う写真を」という具体的な目的があってではなくそういった抽象的な理由の方が個人的には嬉しいんです。

タイトルのことなんですが、本当に自分自身が思うこともあります。

これだけカメラマン人口も多くなり、技術も高くなっていったい誰に頼んだら良いのか?
写真館なら間違いないのかな?
それとも個人の人のほうが自分が好きな人を選べるような気もする。。
もちろんそこに答えなんてないわけです。

僕はカメラマンとして多くの方々を写真に収めさせていただきましたが、最近自分のPR写真が欲しいなって思ったんです。
それで、誰に頼んだもんかと思いまして。
やはりめちゃくちゃ迷ったわけです。

「この人のテイストは違うなぁ」
「この人は出してる写真が少なすぎる」
「写真館みたいなところでは撮られたくない」
とかワガママな僕がたくさん出てくるわけです。

そんな中で分かったことがあって、それは
「もっとこの人の価値観とか、個性的な部分が知りたい」
って思ったんです。

普段どんな生活をしていて
どんな写真に対する考えを持っていて
こだわりはなんなのか
どんな世界観を持ってるのか

って自分が撮られる側になって初めて欲しい情報ってわかるんだなぁと。
だからつまり「なんとなく直感で決めました」ってなるんですよね。
でも、それで良いんだなって思います。

結局僕のPR写真は2年間僕の写真講座を受けてくれていた生徒さんにお願いしました。
どんな人か分かってるし、どんな価値観を持ってるか分かってるし、世界観も知ってる。
僕はそんな人に撮ってもらうのが一番良いと思っています。

たまに「カメラマンだから」という理由だけでお仕事を紹介されたりしますが、「ゆー。さんに撮ってもらいたくて!」と言っていただける方との写真の仕上がりは全然違います。

もちろん手を抜いてるわけではないですよ。

僕とお客さんの中にある共通の価値観とかを先に知っててもらえるのはカメラマンとしてもすごくありがたいので、これは自分が他の人に撮ってもらう時と一緒だなぁと感じるんですね。

なので結論としては
「たくさんカメラマンはいるけど、自分の価値観に近い人を選んで欲しい」
です。

撮影は出来上がり良ければ全て良し!というわけではないです。
何度か撮らせていただいてる方から
「撮影自体がすごく楽しかったです!」
と声をいただいた時に、撮影って「撮影」という体験でもあるんだと気づかせていただきました。

なので、もちろん技術面も重要かもしれませんが
自分の中にある「なんとなく」を意識してカメラマンを選ばれるのが良いと感じています。


生徒さんに撮ってもらった写真。
良い写真。
https://www.instagram.com/mi__ni.39

記事一覧

itoshima

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA